赤ら顔は市販のケア用品で改善することができるのか?

いつも熱があるみたいな赤ら顔は、やはり皮膚科に相談するか、専用のケア用品をつけたりしなければ、治らないのでしょうか。できれば、病院通いはせずに、なんとか自分で赤ら顔を治したいですよね。

赤ら顔対策のケア用品は、ドラッグストアなどで市販されているのか?どんなものがあるのか?その疑問に答えていきましょう。

市販・ドラッグストアで買える赤ら顔に有効なアイテムとは?

スーパーやドラッグストアで手に入る、市販の赤ら顔ケアアイテムには、どんなものがあるのでしょうか。まず、代表的なのが漢方薬ですね。桂枝茯苓丸・温経湯・桃核承気湯などを飲むと、肌の血流が促され、赤ら顔の原因になっている、肌荒れやニキビなどが改善する場合があります。じっくり、まずは1ヶ月飲み続けて、肌の赤みの変化を観察してみましょう。

赤ら顔はそもそも、肌荒れやニキビなど、肌が炎症を起こしている時に、起こりがちな現象です。傷ついた肌の組織を回復されるために、血液に乗せて、患部に栄養などを運びこもうとするために、炎症を起こした部分に血が集まって、赤く見えるんですね。漢方薬などで血流をさらに促してあげると、肌荒れが早く治って赤ら顔が引く可能性があるんです。

ただ、漢方薬にも大きな欠点が3つあり、人によって薬との相性がある事、金額が高い事、効果が出るまで時間がかかる事が問題になります。

本当なら、スキンケアアイテムで、外から肌の炎症を抑えられればいいのですが、ドラッグストアやスーパーで買える、市販の化粧品では、ほとんど炎症のケアができないのが実態なんですね。

赤ら顔ケア用品はネットでお取り寄せしよう

赤ら顔ケア用コスメは、ドラッグストアなどでは市販されてはいませんが、諦める事はありません。ネットでのお取り寄せなら、専用のアイテムが簡単に手に入るんですよ。

例えば、赤ら顔用化粧水の和漢しろ彩は、まず、肌のバリア機能を保湿力でUPさせて、これ以上炎症が起きないようにガードします。さらに、和漢のチカラで肌の炎症を収め、血液が集まり広がってしまった血管を、正常に戻す作用があるんですね。

近い作用として、ドクターシーラボのレッドフェイストナーなどは、ビタミンKを配合していて、この成分でも炎症を抑えて、血管を正常に戻す作用が期待できます。

保湿力を高めて肌を荒れないようにする、今起きている炎症を抑える、このふたつの効果を持つのが、赤ら顔ケア用品の特徴なんですね。

市販の化粧水だと、保湿成分を含む物はありますが、炎症を鎮めて、血管を正常にもどすものは、ほとんどありません。市販の赤ら顔ケア用品を苦労して探すよりも、和漢しろ彩は公式サイトから簡単にお取り寄せができるので、こちらをぜひ試してみて下さいね。